ネットで誹謗中傷されている子は

ネットでの誹謗中傷から子どもを救う

全国webカウンセリング協議会 安川雅史

ネットで誹謗中傷されている子は、家の中でも落ち込んで様子がおかしくなります。ストレスがたまるのですね。いじめに遭っている子どもは、よく熱を出します。小学生ぐらいの子どもは風邪でもないのに38度台の熱を出す子もいるのです。一番熱が出るのは学校がある日の午前中、一番熱が出るのです。さらに、おなかが痛いとか頭が痛いとか吐き気がすると毎日別な言い訳をしてきます。朝トイレに入ってもなかなか出てこなくなる。トイレは、子どもにとって一番守られた空間なのです。
ひどい書き込みをされていると親に相談してくる子どもはまだいいんです。ほとんどの子どもは親には相談してきません。何で相談してこないと思います? 例えば、皆さん方のひどいこと、ものすごい誹謗中傷とかがネット上でばんばん書かれている。自分の親に相談する人がどれくらいいるでしょう?普通は自分の親には相談しないですよ。自分の親にだけは見せたくないと思うはずなのです。心配かけたくないですから。子どもは、自分の親にはよく思われたいんですよ。だから、他の人に相談できても、親にだけは相談できないっていう子どもが多いのです。
でも、SOSのサインは出ているのです。先ほど言ったように、ストレスがずっとたまる。24時間、365日いじめにさらされると、熱も出やすくなります。頻繁に学校を休むようになります。保健室に行く回数が多くなります。さらに「おなかが痛い」、「頭が痛い」、「吐き気がする」という言葉もよく口にするようになります。のどもよく渇くようになります。人間は暑いときだけではなく、ストレスが溜まってくると喉がカラカラになるのです。
ただし、ストレスがたまっているときに、お水とかお茶を飲んでも、砂漠に水をまいている状態で、飲んだそばからすぐにのどがカラカラになるってしまいます。だから、いじめとかに遭っている子どもがよく飲むのは炭酸飲料なのですね。刺激物ですので、刺激物を飲んでいるときというのはのどの乾きをごまかせるんです。今まで炭酸飲料なんてほとんど飲まなかった子どもが炭酸飲料ばかり飲むようになる。これは、子どもからのSOSのサインです。さらに学校の話題とか友達の話題をやっぱり避けるようになります。いじめに遭っている子どもは、それを思い出したくないのです。皆さんも、嫌なことってふだん思い出さないでしょう?今まであった嫌なことをずっと思い出していたら、人間は、生きていく気持ちがだんだんなくなるのです。つらくて仕方がなくなるのです。だから、人間の脳というのは、嫌なことはふだんはなるべく思い出さないようにしています。
親が学校とか友達の話題をすると嫌なことを思い出してしまうんです。そうすると、子どもは聞こえているんだけれども、聞こえていないふりをし始めます。これは、明らかに子どもから出ているSOSのサインです。このようにサインが出ているとき、まず親がしっかりと対応していかなければなりません。
例えば子どもが学校を休み始めるとか早退ばかりしている。学校から連絡があって、「今日、保健室に行ってましたよ」なんて連絡が来る。そうすると、子どもに対して、「ねえ、あんた学校で何かあったんじゃないの。ちゃんと言わないと分からないでしょう。あんたいつもそうやって黙って。ちゃんと言いなさい。何があったの。」このように言われると子どもは、だんだん追い詰められていき、余計に精神状態が不安定になります。 例えば、「愛子、どうした? もし何かあったらさ、何でもお母さんに相談して。母さんはいつでも愛子の味方だからね。どんなことがあっても愛子のことを必ず守っていくから、愛子はお父さんとお母さんの大切な子なんだから。いい? 不安なことがあったら、何でもお母さんに言ってね」
このような言葉がけをされると、楽になるのが分かりますか?楽になったときって人間は本音が出てくるんです。さらにぽつぽつと話し始めて、「死にたい」とか「何でお母さん、私のこと産んだのさ」、「何か私ってさ、生きてたらみんなに迷惑じゃない? 何か私、嫌になっちゃった」子どもからこのようなことを言われると、ほとんどの親は死んじゃいけない理由ばかり言います。「あんたばかなこと言うんじゃないのよ、死にたいなんて言っちゃいけないのよ。いい? 生きたくても生きられない人はたくさんいるの。そういう人に対してあんた、申し訳ないと思わないの?」とか、「動物だってね、自分で命を絶つような動物はいないでしょう。つらいことがあっても、動物は一生懸命生きているでしょう。絶対死ぬなんて言っちゃいけないのよ」って言われても、人の気持ちを動かすことは出来ません。
例えばこれも子どもの横に座って、「愛子、母さんさ、愛子が生まれたときね、ほんとにうれしくてさ、パパとね、どんな名前にしようかって、ずっと、二人で話し合ってやっと決まったのが。愛子って名前よ。いい名前でしょ。ほんと、名前のとおり育ってくれたよね。父さんも母さんも今までほんとにいろいろなことがあってさ、本当に辛いときもあったのよ。何で耐えてこられたと思う? 愛子がいたからよ。愛子のためだったら、父さん、母さん、どんなことだって乗り越えられたもん。愛子、本当に、お父さんとお母さんの子どもに生まれてくれてありがとうね。守っていくからねお父さんも、お母さんも、どんなことがあっても、愛子のこと守っていくからね」このように言われるといつの間にか死のうという気持ちはなくなります。
子どもが求めているのは、死んじゃいけない理由ではありません。死んじゃいけないのかと言われて死んじゃいけない理由ばかり言う親がいます。表面上だけで人の言葉を捉えないでください。子どもが求めているものは、もっと奥にあるのです。
ネットに悪口を書かれている。と子どもが相談してきても、「見るんじゃない」、「放っておきなさい」と無責任なことを言うのではなく、しっかりと子どもに寄り添って守ってあげてください。親なのですから・・・。
私は毎年全国の学校から、生徒向けの講演会もたくさん呼ばれてやっています。その中に、毎年呼んでくれる学校の校長がいます。その校長は教え子を亡くしています。夏休みの期間中、教え子がネットで知り合った男に会いに行ってしまったのです。相手は暴力団関係でした。大量の覚醒剤を打たれて、意識がなくなってからレイプされ、死体は雑木林に埋められたのです。彼女は、もうこの世にいません。16年の人生、それで終わりです・・・。目撃情報から犯人は逮捕されました。
校長は自分が甘かったということをいまだにずっと責めています。私が夏休み前に子どもたちにこういうことがあるんだから、気を付けなければならないという一言を言ってあげればあの子はちゃんと生きていたはずなんだ。まさかこんなことが起こるなんて・・・。
問題が起こってから後悔してもでは遅いのです。命は、ひとつなのですから・・・。
北海道の札幌市の隣の町に江別市というところがあります。江別の教育委員会で小学生向けに調査をしました。小学校1年生から6年生です。あなたは1回も会ったことがない人の電話番号とかメールアドレスをケータイの電話帳に登録していますかという質問に対して、登録していますと答えた小学生は、何と2分の1でした。さらに、これからその人と会う予定があるとか、もう既に会ったと答えた子どもはさらにその中の2分の1。それを把握していた親は0%でした。どの親も自信を持って「うちの子は絶対に大丈夫」と言っているのです。そのような親が増えてくれば当然犯罪に巻き込まれる子どもたちも増えてきてしまいます。
子どもにだまされて、フィルタリングを外す親もいますし、DSやiPod touchがネットにつながる道具だと知らないで子どもに使わせている親もいます。子どもにスマートフォンとかケータイを持たせていなくても、先ほど言ったように、DSだって簡単にネットにつながる道具です。殺人予告だって一番多いのはDSからです。ケータイとかスマートフォンは識別番号から犯人が特定されやすいですが、DSからの書き込みというのは犯人が特定しづらいんですよ。だから、実はまずい書き込みはDSからのほうが多いのです。
さらに、音楽を聞くからといってiPod touchを買ってもらっている子どももいますが、実は音楽を聞くよりもLINEをやりたいから、iPod touchを欲しがっているのです。中学生の大半がiPod touchを持っています。何に使っているか。音楽を聞いているだけではないのです。それでLINEをやっているんです。iPod touchに電話機能がついたのがiPhoneですからね。
最近のスマートフォンの普及はすごいです。ケータイショップに行っても、折りたたみ式のケータイはほとんど見かけませんね。ほとんどがiPhoneやアンドロイドケータイばかり。その証拠に今の高校2年生、3年生だとまだケータイの所有率は高いですが、高校1年生になると、9割以上がこのようなアンドロイドケータイやiPhoneとかのスマートフォンばかりなのです。
さらに、このスマートフォンを持たせている親がスマートフォンを使いこなせているのかというと、子どもにだけスマートフォンを買っているのです。自分は折りたたみ式のケータイを使っているのです。スマートフォンというのは小型のパソコンです。まだ不完全な小型のパソコン。皆さんの会社とか学校とか自宅のパソコンを考えてください。ウイルス対策をしっかりやっているはずです。ウイルス対策もやらないで、会社でパソコン使っているなんて今の時代ではあり得ません。しかし子どもに持たせているスマートフォンには、ウイルス対策をやっていないのです。子どもたちがスマートフォンとかを持ちたがる一番の理由はアプリが使いたいから、LINEをやりたいからです。アンドロイドケータイのアプリには、いまだにかなりの不正アプリがあると言われています。初期段階でいろいろな調査団体が本当に安全なものかどうかというのを調査しました。400を対象にアプリをランダムの調査をすると、何と400のアプリの中の41%が不正アプリだったのです。電話番号を盗むアプリ、画像を盗むアプリ。などです。
包丁を子どもが使いたいからといって、自由に使いなさいなんて包丁を渡すような親はいますか?子どもが包丁を使いたいと言ったら、「じゃあ、お母さんが使い方を教えてあげるから、一緒にリンゴのむき方から覚えていこうね」と言って包丁を渡すなら分かります。「あんた、これあげるから自由に使いなさい」と子どもに包丁を渡す、これと同じことをやっているんですよ。
子どもにスマートフォンを持たせるのであれば、危険も含めて自分自身もスマートフォンの危険性を分かった上で持たせなければならないから、やっぱり自分もスマートフォンに切りかえるぐらいの覚悟が必要ですよ。分からないで済ますのではなくて、まず分かろうと努力していかなければ子どもを守っていけませんよ。フィルタリングは子どもを守るためにあるのです。
未成年がケータイ、スマートフォンを使う場合はフィルタリングの設定というのは国が義務化しています。ケータイショップで必ずそれを設定した上で誰が使うのかの確認をする。未成年が使うというのであれば、必ずフィルタリングを設定した上で持たせることになっています。

ネットいじめ・LINEいじめニュース

 
20130913 ()リクナビ進学ジャーナル悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?
2013827日(火)産経新聞手口巧妙化、減らない書き込み 監視にも限界
2013826日(月)産経新聞ネットいじめ・・・消してもまた無間地獄で人間不信に
2013825日(日)産経新聞急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」
201384日(日)産経新聞LINEいじめの構造 届かぬ外部の目 「学校裏サイト」との違いは
2013225日日経新聞わが子どう守る ネットいじめ・トラブルの実態  
ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検定
全国webカウンセリング協議会設立
全国webカウンセリング協議会設立
葬式ごっこ、裸の画像…中高生「LINEいじめ」の実態
http://dot.asahi.com/aera/2013120300029.html
LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/52231
進化するネットいじめ 今、怖いのはLINEの“外し”
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131017-00010003-jisin-soci
広がる“リベンジポルノ”
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/11/1121.html
わが子をストーカーからどう守る
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/12/16/01.html
リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに
http://mainichi.jp/select/news/20131219k0000m040120000c.html
<子どもとネット>「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130913.html
<子どもとネット>トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130830.html
ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130815.html
ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130817.html
下記から、東京で行われました人権シンポジウムの模様を見ることができます。安川は、LINEいじめについてお話させていただきました。
人権シンポシンポジウムin TOKYO
ネット依存 - ニュースJAPAN - フジテレビ
誰も見ていないなら何をやってもいいのか?
全国webカウンセリング協議会情報
不登校児対応専門カウンセラー養成
全国webカウンセリング協議会の紹介ページ
全国webカウンセリング協議会活動内容
全国webカウンセリング協議会いじめSOS
全国webカウンセリング協議会各種講座
LINEいじめ
広がるLINEいじめ、LINEトラブル
LINEいじめ相談事例
リベンジポルノ
リベンジポルノから身を守る対策
リベンジポルノ相談が増えた理由
リベンジポルノ相談事例
リベンジポルノ対策
不登校・ひきこもり対策
NHK オトナへのトビラTV - “スマホ便利だけど…”
img_20160422-200608.jpg
安川雅史講演会日程


 

高校生ちゅらマナーハンドBOOK

 

子どものスマホ・トラブル対応ガイド

2016年4月11日発売。 知っていますか? スマホの危険と対処法 教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載!...
発行年月日 2016年04月11日
定価 2,160円
(本体:2,000円)
 
編著者名 全国webカウンセリング協議会 理事長
安川 雅史/著

img_20160330-004937.gif
子どものスマホ・トラブル対応ガイド - web ...
shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info...50...
 
子どものスマホトラブル対応ガイド(予約) - 20163月下旬発売予定。現在予約受付中です。知っていますか? スマホの危険と対処法教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! □「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――
 

フリースクールみらいのつぼみ

 

フリースクールみらいのつぼみ

現在、不登校、いじめ、意欲減退、学力不振、家族・対人関係、ネット・ゲーム依存など、生徒とその家族を取り巻く地域社会は様々な課題をかかえています。

フリースクールみらいのつぼみは「課題を抱える生徒や保護者の方に寄り添い、支援を行うこと」「地域とのかかわりにより生徒や保護者の課題を解消し、社会で活躍できる人材を育成すること」を目的として開校しました。

私は教員時代に、様々な子ども達と接する中で、表層に表れない1人ひとりの苦悩や葛藤を深く感じていました。家族の事、友人関係の事、学校での事、自分でもよく分からない辛い事など、本人ひとりでは、立ち向かえない環境にいる子ども達とたくさんかかわりました。

そこで、私は、何かできる事があるのではないか、自分だけでも寄り添えるのではないか、という想いで今の活動を始めました。

学校現場を離れ、養護施設や少年院、児童自立支援施設、知的障害者の施設へ訪問すると、様々な子ども達が一生懸命生きていました。執拗ないじめにあった子ども、家族から見放された子ども、虐待にあった子ども、自分が必要とされていないと信じている子ども、結果として学校に通えなくなった子どもを、日々目の当りにし、子ども達には、心のよりどころ、安心できる居場所や支える人が必要だと痛切に感じました。

絶望してしまいそうな境遇の中、ひたむきに生きている子どもにもたくさん出会いました。私はこのような子ども達や保護者のために、私も成長し続けながら、力になりたいと想い、活動を続けています。

今の社会・世間の荒波を「自分の力で」乗り切り、将来、社会で自分らしく生きていける(貢献)できるよう、子ども達とその家族を支えていきます。

フリースクールみらいのつぼみは、私のこのような想いを実現できる「居場所」として活動して参ります。


◇問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会
【本部事務局】
〒105ー0014
東京都港区芝1ー5ー9住友不動産ビル2号館5階
TEL:03ー6865ー1911
FAX:03ー6865ー1918
URL: http://www.web-mind.jp/
Mail:info@web-mind.jp

いじめ問題講演会ケータイネット社会の落とし穴」 - あいこどもネット
 
ai-kodomo.net/aichi-kodomo/kodomo/eguide/event.php?eid=555
2013/06/28 - いじめ問題講演会ケータイネット社会の落とし穴ネットいじめからこどもを守る−」 講師: 全国webカウンセリング協議会 理事長 安川雅史氏 開催日(期間): 8月23日(金) ところ: アイプラザ半田 講堂 半田市東洋町1-8. TEL 0569-23- ...
 
ケータイネット問題講演会青少年育成施策推進体制充実強化事業岡山 ...
 
www.pref.okayama.jp › ... › 子育て・青少年青少年育成・指導
2009/02/23 - 2月16日(月曜日)、内閣府と岡山県・(社)岡山県青少年育成県民会議の共催により、『ケータイネット問題講演会青少年育成施策推進体制充実強化事業岡山県研修会)』が開かれました。 当日は、全国webカウンセリング協議会理事長の ...
 
講演会いじめは意外と身近にある」を開催いたしました - 京都光華女子大学
 
www.koka.ac.jp/latestinfo_uni/detail.html?id=2013/02/122314
2013/02/12 - 1月18日(金)、短期大学部主催のシリーズ講演「伝統文化の講演・こころの講演」の一環として、安川雅史先生(全国webカウンセリング協議会理事長)を講師にお迎えし、「いじめは意外と身近にある」というタイトルでお話しいただきました
 
人権教育啓発推進センター ネットいじめ子どもたちを守るために ...
 
www.tvac.or.jp › ボランティア・市民活動デイリー情報
2013/06/18 - 公益財団法人 人権教育啓発推進センターネットいじめ子どもたちを守るために〜 【芝大門人権講座】 ... インターネット上の掲示板等を利用して、特定の児童生徒に対する誹謗・中傷が行われる「ネット上のいじめ」から子どもたちを守るため、 ...
  1. [PDF]
東山田中学校 部活動紹介ムービー上映& 「ネットトラブルネットいじめ ...
 
higashiyamata-pta.jimdo.com/app/.../開催通知(各校共通).pdf?t...
平成 26 年1月 31 日. 東山田中学校区保護者様. 横浜市立東山田中学校. PTA 会長 河原 恭子. 校 長 平野 真理子. 東山田中学校 部活動紹介ムービー上映&. 「ネットトラブルネットいじめ〜最新事情とその対処法〜」講習会開催のご案内. ―衝撃的な現状、 ...
 
情報ツールの適切な使い方 - 立教新座中学校高等学校 セントポール会
 
st-paul-kai.sakura.ne.jp/2013_lecture2.html
個人情報の管理方法、ネットいじめの対処などについてたくさんの事例をあげながら説明していただきました。 【事例】 (事例1)都立高校、女子高生 ブログにアップした不謹慎な画像が2ちゃんねるで拡散 (事例2)青森光星学園、野球部員 ブログにアップした飲酒 ...
 
FNNニュース: 「リベンジポルノ」に...
 
www.fnn-news.com › 政治一覧
リベンジポルノ」に対する法整備について取材しました。:交際中に撮った相手のプライベートな画像をインターネット上に流出させる、いわゆる「リベンジポルノ」が、今、社会問題化しています。...
 
広がるリベンジポルノ” - NHK 特集まるごと - NHKオンライン
 
www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/11/1121.html
2013/11/21 - 鈴木 「“リベンジポルノ”ということばを、ご存じでしょうか。 今、若者を中心に起きている問題なんです。 “リベンジ”とは“仕返し”という意味ですが、交際中に撮った相手のプライベートな画像、体の写真などを、ふられた恨みから、インターネット上に ...
 
6スマホで家族の個人情報「全部流出」…神戸 ... - MSN産経ニュース
 
sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/.../waf14031316240023-n1.htm
2014/03/17 - 電話番号やメールアドレス、住所、生年月日…。子供が気づかない間に、本人や家族、友人の個人情報流出させていたとしたら…。利用者の低年齢化が進むスマートフォン(高…

流出画像 消えぬ傷 元交際相手の復讐投稿 絶えず
東京新聞‎
嫌がらせで、元の交際相手や配偶者のわいせつ画像をインターネットに流出させる「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」の被害が後を絶たない。投稿者が摘発されても、流出画像を消し去るのは至難の業だという。

 

img_20160410-231124.jpg
親子のホッとネット大作戦

内容

· お子さんはネットにつながる機器を持っていますか? 
· 誰でもなりうるネット依存!!
· 川島先生のストップネット依存~ネットの使いすぎは脳の中から学んだものをなくしてしまう!?
· 川島先生のストップネット依存~やっぱり大事!早寝・早起き・朝ごはん
· 安川先生のネット事件簿~全部本当にあった話です!!
· 安川先生のネット事件簿~どの機器でも起こりうる事例です!
· 子どもを守るために1~ネットにつながる機器を買い与える前に
· 子どもを守るために2~命守るフィルタリング(ゲーム機・携帯音楽プレイヤー・おさがりスマホ・スマホ)
· 子どもを守るために3~我が家のルール作り
· 大人みんなで地域の子どもを見守ろう~各学校・PTA等の取組 
· ネットとうまくつき合おう~親子のホッとネット大作戦

特徴

· ネット問題の専門家である全国webカウンセリング協議会の安川雅史氏と東北大学教授の川島隆太氏の監修によりパンフレットを作成しました。ネット依存やネットいじめなどの事例によりインターネット利用の危険性を示すとともに次の3つの対策について周知啓発します。(1 ネットにつながる機器を買い与える前に確認すること2 ペアレンタルコントロールとフィルタリング3 家庭のルール作りと見守り)特に、ペアレンタルコントロールとフィルタリングの設定方法を具体的に示し、家庭で設定できるようにしました。また、家庭のルールを記入・掲示し、日々振り返りながら子どもを見守ることができるページをつけました。 
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kyoiku/syougai/hottonetto/hottonetto.html

 




 携帯電話に変わるスマートフォンの急激な普及をふまえ、新たな情報モラルの教育に子どもと家庭と地域が一体となって取り組むための教材です。本サイトは【子ども向け】と【保護者向け】で構成されています。

保護者の方/指導される方へ
 

【新作】子ども向け映像教材
情報モラル教材
スマホの落とし穴開発委員

赤堀侃司(東京工業大学名誉教授) 
安川雅史(全国webカウンセリング協議会理事長)
高橋泰之(全国webカウンセリング協議会理事)
西田光昭(千葉県柏市立柏第二小学校長)
制作協力
株式会社シィクリエイティブ
制作
一般財団法人 日本視聴覚教育協会

QRコード
携帯用QRコード